腸内環境改善のメリット

料理

乳酸菌とは誰でも一度は耳にしたことがある言葉です。私達の身近にある食べ物にも乳酸菌が含まれているものが多いです。代表的なものはヨーグルトですが、それ以外にもヨーグルトからは想像できない食べ物にも含まれています。例えば、漬け物や味噌やいった日本の代表的な食べ物にも含まれていますし、キムチにも含まれています。乳酸菌とは言えば西洋の食べ物に多く含まれていると思う方も少なくありませんが、乳酸菌は私達が普段から食べている東洋の食品にも多く含まれているのです。

乳酸菌が不足してしまうと体調に様々な変化が見られます。まず腸内環境の悪化で悪玉菌が増殖してしまうことで、腸内環境が健康に機能できなくなります。そうなると便秘になってしまったり、肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。また免疫力の低下にも大きく関わってくるので、風邪を引きやすくなったり、その他のウイルスから身を守ることもできなくなってしまいます。

乳酸菌はいろんな効果を発揮してくれます。便通が良くなり便秘の改善につながりますし、本来人間の体内には自然治癒力を高めてくれるナチュナルキラー細胞と言うものが存在しており、乳酸菌と摂取することでナチュナルキラー細胞の活性化になります。よって免疫力も高まることから病気の予防にもなります。最近ではアトピーの症状改善や、花粉症の予防にも役立つことが確認されています。酸菌は人間が生きていくうえで大切な菌となるのです。